前へ
次へ

選挙活動用としてレンタル携帯がある

成人になると選挙権が与えられますが、現在は18歳でも選挙権があり選挙に参加することができます。これにより投票率が上がればもっと民意を反映した選挙結果になるのかもしれません。選挙に立候補する人には様々な人がいて選挙の種類もたくさんあります。良く知られているのが国会議員で、衆議院は解散があるたびに行われ参議院は定期的に行われます。そのほか各都道府県知事や都道府県議委員、市区町村長や市区町村の議員の選挙も行われています。世の中にいる多くの人は選挙に行くことはあっても実際に出ることはあまりないでしょう。ですから選挙がどうやって行われるのか詳しくわからないかも仕入れません。選挙においてはかなり多くの人がかかわっていて、選挙に当選するためにはきちんと戦略を立てる必要があります。そして戦略通りうまく行われているかを確認するための連絡が必要でその時には携帯電話が必要になります。それぞれが自分の携帯を使うわけではなくレンタル携帯を使うことが多いです。選挙に出て選挙活動をする人は自分の選挙のために動いてくれるひとのためにレンタル携帯を用意してその人たちに配ります。そして選挙活動中に選挙に関するコミュニケーションはほぼこのレンタル携帯を通じて行うことになります。まず選挙期間が短くその間だけ短期で利用できる点がレンタル携帯を使う理由になるでしょう。それぞれの活動者が持っている携帯電話を使えばいいように感じますが、それはそれでいろいろ面倒なことが起こる可能性があります。選挙活動には家族や講演会など選挙以外でつながっている人もいれば、選挙の間だけ選挙活動に参加するためだけに集められた人もいます。自分たちの携帯を利用すると一時的と言え他人同士といろいろなやり取りをしなければならずそれが後々も残ります。レンタル携帯であれば活動に関するコミュニケーションはすべてレンタル携帯から行うことになり、自分の携帯電話に選挙活動中のコミュニケーションは残りません。

Page Top