前へ
次へ

海外旅行の時にレンタル携帯を利用する

携帯電話を持っている人は多く、日本においては台数が人口を超えています。高齢者や小さい子供などは持っていないので複数もっている人がいるのでしょうが、学生や社会人の多くは持っているでしょう。すでに持っているのであれば何台も必要ないでしょうがあればあったでそれなりに使い道があります。プライベート用とビジネス用を持っておいてそれで使い分けるなどもあります。基本的にはどちらも正式な契約をして持つことが多いです。それ以外に携帯電話を持つ方法としてレンタル携帯サービスの利用があります。以前はプリペイドカード式が人気で仮の利用をしたいときなどに使われていました。ではレンタル携帯に関してはどんな使われ方をしているかですが、よくあるのが海外旅行に行くときです。実は携帯電話は世界共通ではなく各国で決まりがあります。日本の機械を日本の会社と契約していても海外で使えますが、料金体系は海外のサービスが適用され普通に使うとかなりの通信料になります。レンタル携帯をするときは現地の電話会社と契約している電話を利用します。海外旅行においては日本で受け取っておきそれを現地で使う方法と、現地にあるレンタル携帯会社と契約をして利用する方法があります。現地であれば英語などが話せれば問題ありませんが、現地の言葉が話せないと細かい契約内容がわからず困ることもあります。日本の空港で受け取れるサービスなら日本人が対応してくれるのでトラブルが発生する可能性はうんと減るでしょう。レンタル携帯は旅行先の通信会社のサービスを利用できるので通話料などはあまりかかりません。注意したいのは日本で使うときでしょう。日本の通信会社の携帯を海外で使うと料金が大変ですが、外国の通信会社のサービスが入ったレンタル携帯を日本で使うと割高な通信料が取られます。日本の空港で受け取ってしまうとつい日本の空港内で使ってしまう人がいて後で高額の請求をされるときもあります。注意事項を良く守るようにしましょう。

Page Top